HD-JK4 簡単な発電実験負荷ボード

¥3,480

簡単な発電実験負荷ボード

カテゴリー:

説明

発電機で作り出した電気エネルギーをいろいろな負荷に繋ぐことにより、どのようにエネルギーが変換されるのかを実験することができます。

HD-JK4で実験できること

●電気二重層コンデンサ
電気の貯まった量と端子電圧が比例し、メーターの針の位置で貯まった電気量が一目で分かります。
●直流モーター
電気エネルギーを動力エネルギーに変換します。
●リレー
電子エネルギーを磁力エネルギーに変えて金属端子を引き付けたり離したりすることにより、スイッチとして動作します。
●LEDと豆電球
どちらも電気エネルギーを光のエネルギーに変換しますが変換の仕組みが違うためエネルギーの消費量も違います。
それを発電機を回す重さが違うことから確かめられます。
●ブザー

電気エネルギーを音のエネルギーに変換します。

レビュー

レビューはまだありません。

“HD-JK4 簡単な発電実験負荷ボード” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA